ストレスは悪玉コレステロールを増やす?

コレステロールには食生活が大きくかかわっていることは明らかですが、実はストレスもコレステロールの値に影響を及ぼしているのをご存知でしたか?

ストレスでLDLコレステロールが増える

LDLコレステロールは、別名「悪玉コレステロール」とも呼ばれています。肝臓からコレステロールを体の各部分に血液に乗せて運ぶのがLDLコレステロールの役割ですが、この値が増えてしまうと、血管壁に余分なコレステロールが貼りついて血管を固くし、その結果血流を阻害して動脈硬化を起こします。強いストレスを受けると、このLDLコレステロールが増えます。なぜでしょうか?大きなストレスは自律神経を乱します。自律神経の働きが悪くなると、副腎皮質ホルモンが分泌されます。この副腎皮質ホルモンは血液中の遊離脂肪酸の量を増やしてコレステロールや中性脂肪が作りだされるのを助けます。さらに、自律神経の働きが乱れると交感神経が刺激されてカテコラミンという物質が分泌されて血管を収縮させて血圧を上昇させてしまうのです。

ストレスは動脈硬化を促進する?

仕事や人間関係、家族、経済的な問題や健康上の問題など、私たちの周りにはストレスとなる事柄がたくさんあります。では、どのようにストレスを発散しているでしょうか?たくさん食べる、夜中にお菓子を食べる、あるいはお酒を大量に飲む、タバコが増える…そんなふうにストレス解消をしていませんか?喫煙や飲酒はLDLコレステロールの生成を促します。また、過食や深夜に食べる習慣は血圧や血糖値をあげることになります。こうした習慣は血管が動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳梗塞などの深刻な結果を招きます。

コレステロールが高くても問題ないって本当?

コレステロールが高いと体に悪いとよく言われますが、最近は「コレステロールが高くても問題ない」「むしろコレステロールが高い人は長生きする」という人もいます。本当なのでしょうか?

コレステロールは高くてもよい?

コレステロールは私たちの細胞やホルモンなどの材料となる大切なものです。ですが、量が増えると血液がドロドロになり動脈硬化を起こします。ところが、大阪府守口市市民健康センターの調査によれば「コレステロールの数値が高い人ほど長寿」であると報告されたのです。この調査を受けて、コレステロールの数値が高くても問題ない、という人が増えました。ですが、この言い方は正しくはありません。正しくは、HDLコレステロール(善玉コレステロール)の値が高く、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の値が低ければ問題ない、と言えます。

小型LDLコレステロールとは?

悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールには、さまざまな大きさがあります。心筋梗塞などの心臓疾患を起こした人のLDLコレステロールを調べると、特に小型のコレステロールが多くみられます。小さいと血管壁に侵入しやすく、血液中に長くとどまるため酸化しやすくなります。すると、マクロファージという白血球の一種が、異物と誤認してとりこんで血管壁に沈着させます。すると、血管はより硬くなり動脈硬化をおこします。ですから、コレステロールの数値が高い人は専門医を受診して詳細な内容を知るように心がけましょう。どのコレステロールが値が高く、どのコレステロールの値が低いのかということが重要なのです。