更年期にはLDLコレステロールに注意

更年期以降は、生活習慣病にかかるリスクが高くなります。もし、健康診断などでコレステロールが高めと診断されたら気を付けましょう。

女性ホルモンとコレステロールの関係

女性の体は女性ホルモンの影響を強く受けています。妊娠や出産ができる体を作るために、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが卵巣で作られており、この2つをまとめて女性ホルモンと呼ばれています。女性の体に欠かせないホルモンです。ところが、更年期が近づくと卵巣の働きが低下して、この女性ホルモンの分泌が少なくなっていきます。さて、女性ホルモンには、脂質や糖の代謝を調整してくれる働きがあります。ですがこの働きが弱くなると、脂質が代謝されずに脂質異常症のリスクが高まります。つまり、コレステロールの量が増えて血管の壁にへばりつき、血管内を狭くしてしまうのです。

更年期に増える悪玉コレステロール

とくに閉経後には悪玉コレステロール(LDL)の値が高くなる傾向にあります。これには、更年期に減少した女性ホルモンの一つエストロゲンが関係しています。エストロゲンには血中のLDLコレステロールを肝臓に取り込む受容体を増やす働きがあります。ですが、エストロゲンが減るとこの受容体も減ってしまうので、血中のコレステロールが十分に回収できなくなります。そして、血中に増えたLDLコレステロールは血管の壁に入り込んでやがて動脈硬化をひきおこすのです。心筋梗塞や脳梗塞などの深刻な事態がおきるまえに、食生活や生活習慣を改善して早めの対策をとることをおすすめします。

LDLコレステロールとHDLコレステロールの違いは?

よく善玉コレステロール、悪玉コレステロールという言葉を聞きますが、2つのコレステロールに一体どんな違いがあるのでしょうか?

善玉(HDL)コレステロールとは?

コレステロールは本来、私たちが生きていくうえで必要不可欠なものです。細胞の細胞壁や脂肪の消化を助ける胆汁酸の原料ですし、体内でビタミンDを作るのを助けます。またホルモンを作りだす元にもなります。生命活動を支えるのに必要なものなのです。このコレステロールは脂質なので、そのままの状態では血液に溶け込むことができません。そこで、特殊なタンパク質がくっついてリポタンパクという形になって体内を巡っています。そしてこのリポタンパクにはいくつかの種類があり、HDLコレステロールもその一つです。血液中の余分なコレステロールを肝臓に運んで処理します。血中のコレステロール増加を防ぐ役割をしているので、HDLコレステロールは善玉コレステロールと言われます。

悪玉(LDL)コレステロールとは?

HDLコレステロールが血管にたまったコレステロールを肝臓に運ぶのに対して、LDLコレステロールは肝臓のコレステロールを体の隅々にまで運ぶ役割をしています。ですから本来は必要なコレステロールなのです。ところが、LDLコレステロールが増えすぎると、体中にコレステロールが増えて動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳梗塞を起こすリスクが高まります。ですからLDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれているのです。