悪玉(LDL)コレステロールが高くなる原因

悪玉コレステロールなんて自分には関係ないと思っていませんか?ですが、実は知らないうちにコレステロールがたまりやすい生活をしていることもあるのです。では、悪玉コレステロールが高くなる原因はなんでしょうか?

加齢

残念なことにコレステロールは年と共にたまっていきやすくなります。若いころは新陳代謝がよいので、コレステロールが多く含まれている食事をしたり、コレステロールがたまりやすい生活をしていても、余分なコレステロールはすぐに排出されてしまいます。ですが、年をとってくると若いときのようにはいかなくなります。年齢と共に基礎代謝が悪くなり、コレステロールがたまりやすくなるのです。30歳から50歳にかけてコレステロールが高くなるので、30代になったら一度自分の食生活や生活習慣を見直してみると良いでしょう。

運動不足と炭水化物ぬきダイエット

社会人になると仕事が忙しくて、ついつい運動不足になりがちです。ウォーキングやランニングを定期的に行ったり、ジムやプールに通っている人はコレステロールが排出されやすく体内に蓄積されにくくなります。特に40代以上になると、なにもしなくても基礎代謝が落ち、そこに運動不足も加わるとどんどんと悪玉コレステロールが増えていきます。また、ダイエットの方法によっては、悪玉コレステロールを増やすことになります。たとえば炭水化物を抜くダイエットは、ご飯を抜く分おかずを食べる量が増えます。肉や卵、脂質を摂取する量が増えて体重は減ったのにコレステロールは増える結果になるのです。

悪玉(LDL)コレステロールとは?

コレステロールというと、あまり良いイメージはないかもしれません。ですが、実際コレステロールとはなんでしょうか?私たちの体にとってどんな影響を与えるのでしょうか?

コレステロールトは必要?

コレステロールとは脂質の一種で、私たちが生きていくうえで重要な働きをする、なくてはならないものです。人の体内には100~150gのコレステロールがあります。コレステロールは細胞を包む細胞膜を構成し、ホルモンの原料になります。さらに、体内にあるコレステロールの4分の1は脳に存在しています。その大部分はミエリン鞘と言われる部分にあります。ミエリン鞘は、脳から体の各部分に神経情報が伝達されるときに、情報が間違ってほかの回路に迷い込むことなく正しく伝えられるように、神経線維を保護している、いわば絶縁体のような役割を果たします。

悪玉(LDL)コレステロールは動脈硬化の原因になる

このようにコレステロールには大切な役割がありますが、悪玉コレステロールとはなんでしょうか?LDLコレステロールは、コレステロールを体の必要な部分に血流に乗せて運ぶ役割をしています。ところが、たくさん運びすぎると、細胞の中に取り込まれずに残った余分なコレステロールが血管の中に溜まっていきます。そしてそれは動脈硬化を起こす原因になるのです。動脈硬化はそのまま放置しておくと心筋梗塞や脳梗塞を引き起こし命の危険を招きます。ですからLDLコレステロールは一般に「悪玉コレステロール」と呼ばれるのです。